MENU

視野検査/サイプレジン検査/アトロピン検査/レーザー治療/コンタクトレンズの装用練習/眼鏡処方/眼底検査は予約が必要です

院長ご挨拶

当院を眼に関するお困りの患者様と他科の先生方の相談の場にし、判断に悩む患者様がいらした際には速やかな他科のプロへの相談を心がけます。
これにより最終的に患者様の負担を減らす医療を目指して参りたいと考えております。いろいろご相談下さい。

院長 井手 武(眼科専門医)
大阪大学医学部卒業
慶應義塾大学医学部非常勤講師

診療内容

眼科一般

目に関する様々なお困りをご相談ください。必要な際には適切な専門外来や施設の先生方への速やかな紹介を心がけ最終的に必要な医療提供が出来るよう心掛けてまいります。

白内障

私たちが目で見ている像は、角膜、水晶体を通った光が網膜面で結像したもので、水晶体が濁っていると霞んで見えるようになります。水晶体は直径が11mm前後の凸レンズで、水晶体嚢(のう)という透明の薄い膜に包まれていますが、その […]

緑内障・網膜疾患

緑内障は日本人の40歳以上に5%の有病率があると言われており、眼科の中でとても一般的な疾患です。(出典:The Prevalence of Primary Open-Angle Glaucoma in Japanese. […]

オルソケラトロジー

東京ビジョンアイクリニック阿佐ヶ谷ではオルソケラトロジーを取り扱っております。夜間睡眠中に角膜矯正用のハードコンタクトレンズを装用して、角膜の形にクセをつけて昼間にメガネやコンタクトレンズを不要にする治療です。 治療費・ […]

ドライアイ

涙の分泌量が減ったり、量は十分でも涙の質が低下することによって、目の表面を潤す力が低下した状態をドライアイと呼びます。現在、日本では約800~2,200万人ものドライアイの患者さんがいるといわれ、オフィスワーカーにおいて […]

円錐角膜

円錐角膜とは、角膜の中央付近の厚みが薄くなり、角膜が円錐状に前方へ突出する病気です。角膜は眼をカメラに例えるならば、レンズの働きの一部を担っていますので、前方に突出することにより近視と乱視が強くなり、視力が低下します。通 […]

角膜ジストロフィー

角膜ジストロフィーは、角膜が白く濁ることで視力が低下したりまぶしく見えたりする遺伝性の疾患です。ご両親に角膜ジストロフィーがあってご自身も見え方に異常を感じている場合には、まず一度お近くの眼科クリニックを受診して診察を受 […]

花粉症・アレルギー

花粉症は、目のアレルギーの一種で、ここ数年前から非常に増え、全国で約2,000万人の花粉症の患者さんがいるといわれています。これは、日本人の食生活や住宅環境の変化や公害などの汚染物質の影響があるといわれています。花粉症は […]

近視進行緩徐

近視の進行を抑えるために、いくつかの試みが報告されています。当院では、マイオピン(低濃度アトロピン)というお薬を一日一回点眼することによって、近視の進行を抑制する治療を行っております。 マイオピン点眼薬1本 3,000円 […]

眼科ドック

眼科ドックでは、目の健康状態を詳しく丁寧に検査・診断いたします。自覚症状のない緑内障や網膜裂孔など、様々な病気を早期発見し予防します。40歳を過ぎたらぜひお受けください。 費用 15,000円(税抜)(所要時間:2時間程 […]