円錐角膜とは、角膜の中央付近の厚みが薄くなり、角膜が円錐状に前方へ突出する病気です。角膜は眼をカメラに例えるならば、レンズの働きの一部を担っていますので、前方に突出することにより近視と乱視が強くなり、視力が低下します。通常は両眼に発症しますが、左右の眼で進行の程度に差があることが多いです。

詳しい情報は下記サイトへ

keratoconus.jp